2015年6月アーカイブ

6月20日早稲田大学人間科学部通信課程(eスクール)の教育コーチ研修を担当しました。教育コーチとは、履修者の学習を助ける人たちのことです。eラーニングの学習方法を説明し学習を促すだけでなく、専門的な内容について説明したり質問に答えたりします。

これまでの研究(冨永ほか2013、2014)では、eスクールの学生は教育コーチに対して実質的な学習指導を求めていることが明らかになっています。そこで、今年はインストラクショナルデザインの理論の一つであるガニェの9教授事象を学び、ミニ授業を設計するという実習を行いました。

引用文献
冨永敦子, 杉浦真由美, 向後千春 (2013)eラーニング学習者が求めるメンタ資質とは何か.日本教育工学会第29回全国大会講演論文集,163-166

冨永敦子,杉浦真由美,向後千春(2014)eラーニングメンタ資質が学習達成感に与える影響.日本教育工学会研究報告集,JSET14-1,365-372

長崎大学で行われた大学教育学会大会で、「説明力向上を目指したメンタ研修の実施」(冨永敦子・渡邉文枝・杉浦真由美・向後千春)を発表しました。

今回は、2014年6月、eラーニングのメンタ(43人)を対象に行った研修について報告しました。研修は、「専門用語の説明の仕方」(1時間30分)と「指示の伝え方」(1時間)から構成され、それぞれ講義と実習を行いました。

研修内容.jpg