2015年9月アーカイブ

本教育工学会大会においてSIG-IDセッションを開催しました。

2014年、日本教育工学会は「現代的教育課題に対するSIG (Special Interest Group)」を立ち上げました。SIGは、教育工学に関する特定のテーマについて研究を行うグループです。SIG-IDはその7つ目のグループとして、「インストラクショナルデザイン」についてさまざまな研究活動を行うものです。

2015年9月23日の大会では、SIG-ID初めてのセッションを行いました。セッションの内容は以下のとおりです。

  1. セッションの趣旨: 市川尚(岩手県立大学)
  2. IDって何?: 向後千春(早稲田大学):ビデオ出演
  3. ID関連研究の動向: 高橋暁子(徳島大学)
  4. ID関連研究の事例紹介
    • 森田淳子(熊本大学大学院)
    • 冨永敦子(はこだて未来大学)
    • 高橋暁子(徳島大学)


電気通信大学で行われた日本教育工学会大会で「学習支援センターにおけるチュータリングが利用者に与える影響」(冨永敦子,大塚裕子,中村美智子,椿本弥生,高橋理沙)を発表しました。

GTAポスターver1.jpg