2017年賀状.png

「伝わる日本語」練習帳

| コメント(0) | トラックバック(0)
『「伝わる日本語」練習帳』(近代科学社)が出版されました.阿部圭一先生との共著です.表紙.jpgのサムネール画像

この本は演習問題を中心としています(だから,「練習帳」です).語・文・段落(パラグラフ)・全体構成のレベルごとに,演習問題を使って文章の書き方を学習できます.

本書を授業/研修で使う場合の「インストラクション・ガイド」も用意しました.
以下のサイトからダウンロードできます.

<本書の目次>
1章 適切な語を選ぼう
1.1 1つの語は1つの意味で使う
1.2 1つの概念は1つの語で表す
1.3 広すぎない、狭すぎない語を使う
1.4 定性的な形容詞・副詞は避ける
1.5 読み手が理解できる語を使う
1.6 カタカナ語を乱発しない
1.7 漢字を使いすぎない
1.8 「これ」「それ」「あれ」の指すものは明確に
1.9 「の」を書き分ける

2章 まぎれのない簡潔な文を書こう
2.1 1つの文には1つのことを
2.2 文は短く-その1 中止法を使わない
2.3 文は短く-その2 接続助詞「が」の使いかた
2.4 文は短く-その3 過剰な修飾語句はやめる
2.5 文は短く--その4 埋め草を削る
2.6 主語があいまいな文を書かない
2.7 受身の文は能動にする
2.8 否定はなるべく使わない、使うときは気をつける
2.9 修飾関係に注意を
2.10 読点を適切に打つ

3章 パラグラフを組み立てよう
3.1 パラグラフの組み立て方を学ぶ
3.2 1つのパラグラフは1つの主題について記述する
3.3 トピック文をパラグラフの先頭に書く
3.4 必要十分なサポート文を書く
3.5 なぜ、その主張が成り立つのかを丁寧に説明する
3.6 意見と事実を明確に書き分ける
3.7 説明の順番を考える
3.8 接続語句を使って文と文との関係を明確に表現する
3.9 同じ語句を使って文と文とをつなげる

4章 文章全体の構成を考えよう
4.1 文章の目的と内容を絞る
4.2 全体像を先に示す
4.3 重点先行で書く
4.4 タイトルや見出しに知恵を絞る
4.5 「全体像を先に示す」と「重点先行」を応用する
4.6 総論-本論-結論
4.7 情報をグループ化して並べ、ストーリーを作る

5章 文書への仕上げを考えよう
5.1 文章と文書の違い
5.2 箇条書きを駆使する
5.3 表と図を活用する
5.4 統一性を保つ
5.5 文書のレイアウト

※Amazonで「なか見!検索」ができます.


日本教育工学会大会(大阪大学)に参加しました。
今回は「大学生を対象とした対話力尺度の開発」(冨永敦子・渡邉文枝・向後千春)というテーマで発表しました。ここでいう「対話力」とは、文部科学省中央教育審議会で挙げられている「協働的問題解決力」を想定しています。協働的問題解決力とは、他者と情報を共有しながら、議論を通じてお互いの考え方の共通点や相違点を理解し、相手の考えに共感したり多様な考えを統合したりして、協力しながら問題を解決していく能力を指します。

この協働的問題解決を行うには、どのようなことが必要なのでしょうか? 今回は、この構成概念を明らかにするために、大学生181人を対象に対話力尺度の開発を試みました。

調査および分析の結果、情報思考伝達、創造力、意見の受け入れ、対話への自信、積極的ヒヤリング、相手への配慮の6つの因子が抽出されました。

対話"力"のように、"力"という文字が入ると、スキルや能力が取りざたされますが、この研究では「相手への配慮」のように対話のための態度が因子として抽出されています。また、「対話への自信」のようにメンタルな因子が抽出されているのも興味深いと思います。

ポスター.jpg
東京工芸大学で開催された教育システム情報学会研究会で「情報系実習授業において重視されるTAの資質」を発表しました.

「情報系実習授業において重視されるTAの資質」概要


本年もどうぞよろしくお願いいたします。
web.png

公立はこだて未来大学 公開講座「親子で学ぶ『伝える+伝わる』ワークショップ」を開催しました。
対象は小学校4~6年生の子どもたちとその保護者です。
親子でペアになり、お互いに描いた絵を説明し合い、絵を描くというゲームを行いました。
ゲームを通して、わかりやすい説明の仕方を考えます。


KAN_8257.JPG

本教育工学会大会においてSIG-IDセッションを開催しました。

2014年、日本教育工学会は「現代的教育課題に対するSIG (Special Interest Group)」を立ち上げました。SIGは、教育工学に関する特定のテーマについて研究を行うグループです。SIG-IDはその7つ目のグループとして、「インストラクショナルデザイン」についてさまざまな研究活動を行うものです。

2015年9月23日の大会では、SIG-ID初めてのセッションを行いました。セッションの内容は以下のとおりです。

  1. セッションの趣旨: 市川尚(岩手県立大学)
  2. IDって何?: 向後千春(早稲田大学):ビデオ出演
  3. ID関連研究の動向: 高橋暁子(徳島大学)
  4. ID関連研究の事例紹介
    • 森田淳子(熊本大学大学院)
    • 冨永敦子(はこだて未来大学)
    • 高橋暁子(徳島大学)


電気通信大学で行われた日本教育工学会大会で「学習支援センターにおけるチュータリングが利用者に与える影響」(冨永敦子,大塚裕子,中村美智子,椿本弥生,高橋理沙)を発表しました。

GTAポスターver1.jpg

新潟朱鷺メッセで行われた日本教育心理学会総会で、「アウトラインツールが大学生の文章産出困難感に与える影響」(冨永敦子,大塚裕子,椿本弥生)を発表しました。

ポスターver1.jpg



8月9日、公立はこだて未来大学でオープンキャンパスが開催されました。
「未来大のオンライン学習を体験しよう!」のコーナーで、トゥールミンの三角ロジックのミニ講義を担当しました。

スライド6.JPG

タグクラウド