トップページ > 文章作成練習問題 > 基礎練習(具体例)

バリアフリー製品について具体例を挙げて説明しよう

  1. バリアフリー製品を1つ挙げてください。
    例 : シャンプーのボトル
  2. 1で挙げたバリアフリー製品について以下のア〜ウを考えましょう。
    ア.バリアフリー製品がない場合の問題点(だれがどのように困るのか?)
    イ.バリアフリー製品としての特徴・工夫
    ウ.効果
    例 : シャンプーのボトル
    ア.問題点 シャンプーとリンスのボトルは、大きさや形が似ているので、目が不自由な人は区別できない。
    イ.特徴 シャンプーのボトルにだけギザギザの識別マークが付けられている。
    ウ.効果 識別マークを触ることによりボトルを区別できる。
  3. 1〜2をもとに、バリアフリー製品について、具体例のパターンを使って記述してください。
    例1 私たちの身の回りには、さまざまなバリアフリー製品があります。たとえば、シャンプーとリンスのボトルは大きさや形が似ているため、目が不自由な人は区別が付きません。そこで、メーカーでは、シャンプーのボトルにギザギザの識別マークを付け、触っただけでボトルを区別できるようにしています。
    例2 私たちの身の回りには、さまざまなバリアフリー製品があります。たとえば、シャンプーのボトルにはギザギザの識別マークが付けられています。シャンプーとリンスのボトルは大きさや形がよく似ているため、目が不自由な人にとっては区別するのが難しかったのですが、ギザギザの識別マークがあればもうボトルを間違うことはありません。